50㎜フロントフォーク用セパレートハンドル

「XSR900の着座位置に合わせて腕を自然に伸ばした位置にある事」

をコンセプトに開発したアルミビレットセパレートハンドルです。

 

市販されているセパレートハンドルではXSR900のトップブリッジの形状上どうしても遠い、広過ぎ、低すぎのどれかになってしまい、ライダーの腰へ負担をかける物ばかりです。

 

当製品はハンドルバーホルダーの形状を今までにない構造にすることにより、ハンドルバーをフォークトップの上部に被さるような位置に持ってくることができました。

 

画像はプロトタイプです

 

ハンドルの垂れ角は7度に設定。腰や手首の負担が少なく、低いが無理のない乗車姿勢を実現しました。

 

製品はフォーククランプ部、ハンドルバーホルダー部、ハンドルバーの3ピース構造とし、フォーククランプ部分はXSR900のフォークアウターの特殊な形状に合わせ、8ミリシングルボルトで固定します。ハンドルバー内径は16ミリです。

バー内側先端には削り出しのキャップが付いています。

 

ハンドルバーの固定はホルダーの4本のイモネジですのでレバーやスイッチ類の位置の調整も自由に出来ます。

 

製造はハーレーダヴィッドソンのビレットパーツでは超有名なミスミエンジニアリングに依頼。素晴らしいクオリティをご確認ください!

 

50ミリフォーク用セパレートハンドル

クリアアルマイトとブラックアルマイトの2タイプ

¥42.000- (税別)

取り付けに際してメーターの移動が必要です、市販のメーター移動ステー等をご利用ください。